A Whiter Shade Of Pale & Running Mustang America

A Whiter Shade Of Pale & Running Mustang America

A Whiter Shade Of Pale is the 1967 debut song of Procol Harum. 
Looking back at this song half a century later we can see that 
it was one of the few famous songs over this period that had 
a sense of “globalness”. What is meant by this globalnessis its 
potential to show the listener the grand scope of the whole world, without limiting itself to a single region or country. 
Originating from the west, it is regarded as a quiet hit that 
continues to be popular in South America, Japan, 
and in other Asian countries where English is spoken 
(though more often the melody rather than the song). 
Music and song are the common languages of the world, 
but I think that a potential for globalness such as that of 
A Whiter Shade of Pale, will have an extremely large role to 
play in the formation of global consensus in future.  

Next this great masterpiece was originated in the West. 
So it is a song that the West should be proud of. 
And I created a movie tying with Mustang , one of  America’s most popular sports cars. This movie was 
created as a draft for advertisement, but it was
not created by formally signing a contract with Ford. It is by my own personal will. I would like to reproduce
the “American Dream” with American citizens.

(Japanese Translation)

A Whiter Shade Of Pale & Running Mustang 
America

A Whiter Shade Of Pale (青い影) は、1967年Procol Harum の
デビュー作である。この曲の半世紀の実績を振り返ってみると、
同曲は“世界性”を持った数少ない名曲の一つといえる。
世界性とはそのヒットが一地域、一国家に限定されず均等に
全地球的規模で広がりを見せるという卓越した潜在力である。
この曲は欧米はもとより北米、南米、日本を含む英語圏の
アジア地域では今日でさえ静かなヒットを持続させている。
(もっとも歌でなくメロディーだけの場合が多いが)
歌と音楽は世界の共通語であるが、「A Whiter Shade Of Pale」
が持つような世界性の潜在力が今後、世界のコンセンサスを
形成する上で果たす役割はきわめて大きいと私は考える。

次にこの偉大なる名曲は西洋に発祥した。従って、西洋が誇る
べき名曲である。そしてこの名曲を、私はアメリカで最も人気
の高いスポーツカーの一つ、Mustangと結び付けて動画を制作
した。この動画は広告クリエイティブの原案として制作した
ものであるが、Fordと正式に契約して制作したものではない。
私自身の個人的意思による。私は、アメリカ市民と共に
「アメリカンドリーム」を再現したいのである。

Share
It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+