Background of Casablanca (カサブランカの背景 日英対訳)

Casablanca is a American romantic drama film which was released in
1942 when the US entered World War II. Directed by Michael Curtiz.
The film stars Humphrey Bogart, Ingrid Bergman, and Paul Henreid.
A theme song, Casablanca adopted “As time goes by” written by Herman Hupfeld in 1931 for the Broadway musical “Everybody’s Welcome”.
1942 was the midst of the Second World War, and Hitler’s Nazis was raging in Europe. In that situation, a lot of people fled into Casablanca in Morocco, Africa. Also, there were a lot of people going to the United States from now on. Morocco was the French territory at that time, however, France at that time had fallen to Germany. In the movie, “Anti-German scene” which supports “Free France” resisting Nazis, appears many times. Within this background, movies proceed as romantic dramas.
*
カサブランカの背景
カサブランカは1942年、アメリカが第二次大戦に参戦した年に公開されたラブロマンス映画。マイケル・カーティス監督、主演はハンフリー・ボガート、イングリッド・バーグマン、ポール・アンレイド。
主題歌のCasablancaは、1931年にHerman Hupfeldが、ブロードウェイ・ミュージカル ”Everybody’s Welcome” のために作詞・作曲した曲 “As time goes by” (時の過ぎゆくままに)を採用したものである。
1942年は第二次大戦の真っ只中にあった。ヨーロッパでは、ヒトラーのナチス・ドイツが猛威を振るっていた。その状況の中、多くの人たちがヨーロッパからアフリカのモロッコのカサブランカに逃れてきた。また、これからアメリカに行く人たちも大勢いた。当時、モロッコはフランス領であったが、当時のフランスはドイツに陥落していた。映画の中では、ナチスに抵抗する「自由フランス」を支持する「反独シーン」が数多く登場する。映画は、このような背景の中でロマンティク・ドラマとして進行する。

Share
It's only fair to share...Share on FacebookTweet about this on TwitterShare on Google+

4 Replies to “Background of Casablanca (カサブランカの背景 日英対訳)”

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

Optionally add an image (JPEG only)